ここなら安心!埼玉の外壁塗装業者おすすめナビ » 外壁リフォーム業者を見極めるための3つのキーワード【埼玉編】 » 診断

診断

塗料の寿命はまだなのに、ひび割れるのは…?

診断イメージ画像

外壁塗装を行う業者すべてが、事前にキチンとした外壁診断を行っているとは限らないという現実があります。悪徳業者とまではいかなくとも、おざなりな見積もり調査をして、塗装の塗り替え“だけ”をしておしまいという手合いも、実は多いのです。こうした場合、塗装した後わずか数年で、塗料の寿命はまだなのに、ヒビ割れや目地のシーリングがダメになるといったケースが多く見られます。もちろん、きちんとした調査・診断を行わず、適切な対策をしていないからそうなってしまうのです。

逆に、優良な業者であれば、事前に現状の塗装の劣化度合いだけでなく、10年後の家の状態まで見据えた調査・診断を行います。とりわけ、塗装とともに外部から雨水が浸入するのを防ぐ役割を持つ「止水の要」のシーリングについて、きちんと打ち替えをしてくれるかどうかは特に重要です。外壁塗装業者の中には、こうしたシーリング工事を自社で行うことができず、他社に依頼するというケースもあるくらいです。業者選びの際は、こうした点も判断材料として考慮しておくべきということを覚えておいてください。

では、“優良” な外壁塗装業者が行っている事前診断の内容をご紹介していきましょう。

外周のコンクリートにひび割れがないか

建物外周のコンクリートに浮きがないか、ヒビ割れなどがないかを確認していきます。基礎は外壁塗装と直接関係ないと思ってしまいがちですが、そもそも基礎に問題のある建物は数年後に傾くかもしれず、外壁塗装どころではありません。そのため、基礎もきちんとチェックするのです。

外壁に水がどれくらい浸み込むか

壁に浮きがないか打診棒で叩いて調べる、水をかけ壁にどのくらい浸み込むかで必要な塗料の量を確認する、ヒビ割れがどの程度発生していて、どこまで修復が必要か調べるといったことを行い、総合的に診断していきます。

ボードの裏側の通気性を確認

壁がサイディングの場合は、ボードの裏側の通気の状態を確認します。まれに、サイディングボードが壁に直接張り付けられている場合があり、そうした場合は裏側の湿気が抜けず塗装が剥がれ落ちてしまうリスクがあるからです。加えて、サイディングの場合は継ぎ目の目地のシーリングの状態や目地自体の深さを確認します。目地に十分な深さがないと、打ち換えをしても十分に強度が発揮されないからです。

以上の通り、きちんとした外壁塗装の業者であれば、事前の調査・診断を徹底して行います。しかも、そうした診断は1級建築士や外壁診断士といった有資格者が行うという徹底ぶりです。外壁塗装業者を選ぶ際は、そうした有資格者が在籍しているかどうかもチェックするとよいでしょう。

埼玉の外壁塗装業者を3つのポイントでチェック>>
きれいな外壁の住宅

調査・工事・アフターケアの3点について、埼玉にある5つの外壁塗装業者の対応を紹介しています。

埼玉の外壁塗装5社の電話調査結果を見る