ここなら安心!埼玉の外壁塗装業者おすすめナビ » はじめての方必見!外壁塗装の基礎知識 » 塗料の種類

塗料の種類

価格と耐久性ならシリコンが優勢か

価格と耐久性ならシリコンが優勢か

本ページでは、外壁塗装に用いられる主な塗料の種類と、それぞれの特徴について解説しています。

外壁塗装の費用は、使用する塗料によって大きく異なります。安価な塗料はその分寿命が短くなり、逆に長持ちするものは高額になるという感じです。こうした塗料の違いについても、ぜひ知っておいてください。さっそく主な塗料の種類を紹介していきましょう。

アクリル系塗料

コスト面で最も割安で、かつては人気の高い塗料でしたが、耐用年数が他の塗料に比べ短く(5~8年程度)、紫外線に弱いため、最近では使用されることが少なくなってきています。屋根などには不向きな反面、モルタル壁や不燃材を用いたサイディング壁などには適しています。
※価格相場:1平米あたり1,000~1,200円程度

ウレタン系塗料

アクリル系に比べ紫外線に強く、耐水性に優れています。密着性も高く、塗料表面に光沢があり、ツヤツヤしているのが特徴。一方、汚れやすいというデメリットも。耐用年数はアクリル系より長く、6~10年程度。板張りやモルタル壁全般、不燃材・金属製サイディング壁などに適しています。
※価格相場:1平米あたり1,800~2,000円程度

シリコン系塗料

戸建て向けとして、現在最も多く使われている塗料。親水性が高く、紫外線にも強いので、汚れが付着しにくいメリットがあります。耐用年数は8~15年程度。種類が多いので、どの塗料を選ぶのかが重要になります。モルタル壁全般・不燃製サイディング壁などに適しています。
※価格相場:1平米あたり2,500~3,500円程度

フッ素系塗料

外壁用塗料として12~20年という耐用年数を誇りますが、一方で価格は非常に高価。製品ごとに価格や耐用年数が違うので選択が重要になります。一般の住宅よりもマンションやビル、商業施設などに使用されることが多いようです。
※価格相場:1平米あたり3,500~4,500円程度

遮断熱塗料

太陽の光を塗料面に溜める断熱性、熱を反射し暑さから建物を守る遮熱性を発揮するように開発された特殊塗料。 コストが比較的高いですが、耐久性もあり、エアコンへの依存度を下げてくれるというメリットもあるそうです。
※価格相場:1平米あたり5,000~5,500円程度

無機塗料

外壁塗装の業界で第5の塗料とも言うべき存在。無機とは言いながら、実際にはアクリル・ウレタン・シリコン・フッ素などの有機塗料にセラミックなどの無機物を配合し、ベースとなる有機塗料の寿命や耐候性などを延ばすといったメリットがあります。
※価格相場:1平米あたり5,000~5,500円程度

埼玉の外壁塗装業者を3つのポイントでチェック>>
きれいな外壁の住宅

調査・工事・アフターケアの3点について、埼玉にある5つの外壁塗装業者の対応を紹介しています。

埼玉の外壁塗装5社の電話調査結果を見る